堀江貴文 本「99%の会社はいらない」の内容はこちら!!


堀江貴文 本「99%の会社はいらない」について



スポンサーリンク





「行動するのは実は簡単である。
バカになればいいのだ。」


堀江貴文氏






堀江貴文の本で99と
いったら
「99%の会社はいらない」
という本だ。






なかなか堀江貴文らしい
過激だけどどこか
妙に心を掴まれるタイトルだ^^


o0480064013694811901.jpg


それは彼は「知っている」
からです。
今の世の中にはそういう
人が多いというのを・・・。





ということで今回は
堀江貴文 本
「99%の会社はいらない」
についてフォーカス
していきたいと
思います!!


堀江貴文 本「99%の会社はいらない」内容



結果から申しますと
「99%の会社はいらない」の
本の内容は
本屋さんに置いてある
ビジネス本、自己啓発本
と同じような内容。




例えば







「好きなことに一点集中せよ。」



「ビジネスマンとして、
自分の時間や労力を犠牲にして
他人に自分の大事な時間を費やすな」



「大事なことはお金よりも「時間」。」



「不要なものは全て捨て、
興味のあることだけに集中しろ。」



「自分が良いと思ったアイデアは
バンバン遂行しろ。」




「忙しいで言い逃れするな。」




「とにかく動け。」







といった類のものだ。





でも、なぜか堀江貴文が書くと
「売れる」し妙に「納得」
いっていまうのはなぜか?





それはもちろん
堀江貴文という
ブランドもあるし
何よりも彼は世の中の
「需要」と「供給」を
知っている
戦略家だから。




例えば
やってもやっても報われない
サラリーマンが多いこと。




根回しなどで昇格する世の中。




結局、上の者だけがおいしい
思いをすること。




などの世の中の状況を
よく知っている
からでしょう。





そして、
堀江貴文節の痛快なコメント
たまらなく病み付きになる
読者もいるでしょう。





思わず、ホリエモンの本を
買ってしまう人も
中にはいるでしょうし、
私自分も買ったことがある。





私の場合は
やる気が徐々に出始めて
勢いに乗りたい時
読んだりする。





そうすると
こういう本が
起爆剤となって
一気に集中力を高める
ことができる。

スポンサーリンク





堀江貴文 本「99%の会社はいらない」内容の感想・まとめ




とはいっても
彼と同じように
実際は行動は
できないのですが




少しでも自分ができる範囲で
「実行に移そう」と
前向きになれることは
確かだ!!





この本の「あとがき」
なかなか元気がでる文章なので
紹介しておこう。





この本を購入して、
「あとがき」までも読む人は
「積ん読」ではなく
ちゃんと本の中身を
読んだ人だ。




とうことは、
本の中で
何度も僕が伝えてきた
「行動すること」を
直ぐ行わなくてはならない。




そうしないと、
読書した時間が
無駄になってしまう。




実行に移すのは
けっこう単純なことである。
馬鹿になればいいのだ。





僕は馬鹿が
悪いことだとは思わない。




どんどん馬鹿になって
予想外の行動を
する人が増加すればするほど
社会全体の
イノベーションは高まっていく。




この本を出版した
狙いはそこである。
すぐに実行に移すことを求む。






あまり深く考えすぎず
馬鹿になることも
時には重要ということ。





考えてばかりでは
作業が進まない時が
多々あること。




時には「淡々とこなす」
こと
を心がけ
今自分は何をすべきかを
意識しながら
突き進みたいと
思います!!





ということで今回は
堀江貴文 本「99%の会社はいらない」
の内容紹介でした。




関連記事も楽しんで

いってくださいね!!

ヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノ

→ 堀江貴文が「ポケモンgo」やってみた結果・・意外なコメント


→ 堀江貴文のブログ、アメーバブログの解説・考察はこちら!!

→ ライブドアの社長だった堀江貴文の当時のブログが面白いぞ!!

→ 堀江貴文の身長とか体重って肥満になるの?