「マチェーテ・キルズ」ネタバレ(大コケ)&キャスト(ガガ)の紹介!!


R15指定 映画「マチェーテ・キルズ」あらすじ&キャスト(ガガ)について



マチェーテ・キルズあらすじとネタバレ(大コケ)そして出演者のレディ・ガガについての記事を書いてます。

スポンサーリンク




【概要】
ロバート・ロドリゲス監督によるバイオレンス映画。メキシコの元連邦捜査官マチェーテが次々現れる強者達を薙ぎ倒してく様子が観ていて気持ちいいくらい!!レディー・ガガが初女優に挑み、次々と変装を繰り返す謎の闇討ち屋役で存在感をアピールする。

2016年9月28日(水) 13時50分~15時55分(テレビ東京)

T0012760p.jpg

【キャスト】

ダニー・トレホ
(マチェーテ)
[声]:廣田行生

ミシェル・ロドリゲス
(ルース)
[声]:朴ロ美

メル・ギブソン
(ボズ)
[声]:さかき孝輔

ソフィア・ベルガラ
(デズデモーナ)
[声]:仲村かおり

レディー・ガガ
(カメレオン)
[声]:川瀬晶子

ほか

ミス・サンアントニオ アンバー・ハード

アメリカ大統領 チャーリー・シーン

カメレオン アントニオ・バンデラス

サルタナ捜査官 ジェシカ・アルバ

メンデス デミアン・ビチル

キル・ジョイ アレクサ・ヴェガ

セレーサ ヴァネッサ・ハジェンズ

カメレオン キューバ・グッディング・Jr

ドークス保安官 ウィリアム・サドラー

サロール マルコ・サロール

カメレオン ウォルトン・ゴギンズ

ゾーイ・サルダナ

監督
ロバート・ロドリゲス

制作
2013年/アメリカ




映画「マチェーテ・キルズ」予告動画


カメオ出演がヤバ過ぎ!
映画内の主人公や名脇役の紹介はあらすじの後で詳しく紹介します!!
そちらも合わせて読んでいただければより映画を知り、楽しむことができると思いますよ( ̄▽ ̄)ノではいよいよあらすじの紹介です!!1mmでもネタバレはNGの方はここまでですね^^;


映画「マチェーテ・キルズ」あらすじの詳細






【映画「マチェーテ・キルズ」あらすじ(その1)】

いつも単独行動ばかりしている元メキシコ連邦捜査官マチェーテ(ダニー・トレホ)のところに、アメリカ大統領(チャーリー・シーン)から直接電話がきた。そして、弾道弾で米国へ狙いをつけている“マッドマン”と称すイカれたメキシコの革命家を片付けて欲しいと要請される。

マチェーテは、これまでの自分のやった犯罪歴史を全て帳消しにし、アメリカ国籍を貰うことを交換条件に、この要請を受けることにする。

【映画「マチェーテ・キルズ」あらすじ(その2)】

まずは大統領のコネで、テキサスの連絡役であるブランカ(アンバー・ハード)に接触し、マッドマンへの手がかりが娼婦のセレーサであることに気づく。

o065004341031447_650.jpg

セレーサが出勤する売春屋へ行ったマチェーテは、宿の女支配人マダム・デズデモーナ(ソフィア・ベルガラ)の襲撃に遭遇しながらも、危機一髪のところでセレーサを外に連れ出し、逃走することに成功する。

マチェーテは無事マッドマンを探し当てたものの、彼の内臓の中にある心臓が止まると同時に、ミサイルがワシントンに向け発射されるよう設定されていることが分かり、彼に手出し出来ない。

【映画「マチェーテ・キルズ」あらすじ(その3)】

そして、それを解除するには!!世界の武器を密売する人物の中では№1のルーサー・ボズ(メル・ギブソン)だけだという。

彼に落ちあうため、マチェーテはマッドマンと一緒に米国へと足を向けた、途中、懸賞金稼ぎのために2人を襲撃してくるヒットマンの集団、そして、さらには周りの民間人にまで攻撃されることになる。
ボズの所へと足を早めるマチェーテ。しかしボズもまた、世界を動揺させようという策略を立てていた・・・。







映画「マチェーテ・キルズ」は大コケだったのか?評価と感想



世間の映画「マチェーテ・キルズ」の評価と感想の紹介です。ここからはネタバレを含みます!!


「古くさいSF要素のパロディとB級感が相まって、楽しくふざけ通してる。」

「オッパイガトリングガンとかバカらしくて好きなんだけどラストが中途半端でグダグダ。」

「前作にあったほのぼのとしたバカバカしさが消えてしまった

「マチェーテの続編。
今作はちょっと悪ノリしすぎな印象ですね…内輪受けみたいな感じで観てて冷めました。
前作の方が断然よかった。」

「馬鹿らしいのが最高。」

「前作に負けず劣らずの無駄に豪華な俳優陣だけども馬鹿馬鹿しさは強調されてる気がする
この映画で久しぶりにチャーリーシーンみた


「おもいっきりB級なのになんでしょうこの許せる感は…(´-ω-`)」

(引用 https://filmarks.com/


狙ったB級映画とも言われるこの作品。大コケ感満載なんだけれども、そこが好きという方とハッキリ意見が分かれる作品。前作の方良いという意見がやや多く、少し狙いすぎた感は否めない。前作とともにカメオ出演が豪華なのが救いだろうか。ただただ「笑いたい方」にはおすすめである^^前作の映画「マチェーテ」を無料で観たい方はこちらからどうぞ↓↓

公式HPはこちら

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!



映画「マチェーテ・キルズ」に出演したレディ・ガガって何者?



音楽業界から殴りこみ!?ではないでしょうけど、プロフィール読んでなんだか妙に納得してしまいました。




1733332987_1357190174.jpg

Lady Gaga

出生名  ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ

生誕   1986年3月28日

出身地  アメリカ合衆国

ジャンル ポップ、ダンス、エレクトロニカ

職業   歌手、ソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー、ダンサー

担当楽器 歌、ピアノ、シンセサイザー、キーボード

活動期間 2005年 -

レーベル デフ・ジャム(2007-2008年)

インタースコープ・レコード(2008年-現在)

実家は富裕層のお金持ちの娘。奇抜なファッションが「売り」と思いきや、4歳で楽譜を見ないでピアノが弾けるようになるほどの英才教育だった模様。観たとおり、少し変わった天使肌のような気質があり、19歳の頃、自由奔放に生きるため一人でストリッパーとして生計を立てていたことをメディアで明かしている。

ガガは社会貢献活動も熱心で、エイズ撲滅運動、同性愛者、いじめ撲滅運動、貧困、ホームレス問題の支援、東日本大震災の復興支援などなどに貢献したりもしている。




もはや音楽・芸術・慈善家そして映画とやることもまさにハリウッド級ガガはいったいどこまでいくのでしょうか。後は神になるしか残っていないのかも^^;

「マチェーテ・キルズ」ネタバレ(大コケ)&キャスト(ガガ)の紹介でした。最後まで有難うございました。

前作の映画「マチェーテ」見逃した方は無料で見れますよ~。



公式HPはこちら
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!