許されざる者(2013) あらすじとネタバレを含む感想・評価はこちら!!


渡辺兼出演、イーストウッド監督の許されざる者 あらすじ・キャストの紹介



メイク版「許されざる者」(2013)渡辺兼出演あらすじ・キャストとネタバレを含む感想・評価の記事です。

スポンサーリンク




【概要】
第65回アカデミー賞で作品賞など4部門を受賞したクリント・イーストウッド監督による名作を、日本用に作り代えたヒューマン映画、一切闘うことから引退した男が、女郎の願いを聞き、再度、闘いに男達の決戦の場に登場する。メイン役の渡辺謙を筆頭に、柄本明、佐藤浩市ら、邦画では選りすぐりの豪華キャストを揃えた渾身の作品。

photo_8.jpg

2016年10月3日(月)25時59分~27時58分(日本テレビ)
見逃した方はこちらから期間限定で無料動画観れますよ~。公式HPはこちら

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!



【キャスト】

釜田十兵衛 渡辺謙

馬場金吾 柄本明

大石一蔵 佐藤浩市

沢田五郎 柳楽優弥

なつめ 忽那汐里

お梶 小池栄子

北大路正春 國村隼

喜八 近藤芳正

姫路弥三郎 滝藤賢一

堀田佐之助 小澤征悦

堀田卯之助 三浦貴大

監督 李相日

アダプテーション脚本 李相日

制作
2013年 日本


渡辺謙出演、映画「許されざる者」(2013)予告動画


映画内の主人公や名脇役の紹介はあらすじの後で詳しく紹介します!!
そちらも合わせて読んでいただければより映画を知り、楽しむことができると思いますよ( ̄▽ ̄)ノではいよいよあらすじの紹介です!!1mmでもネタバレはNGの方はここまでですね^^


渡辺謙出演、「許されざる者」(2013)あらすじの詳細



【渡辺謙出演、「許されざる者」あらすじ(その1)】

明治が始まり13年の年月が経った頃、開発が推し進められている北海道に、かつて人斬り十兵衛と呼ばれて脅威的な勢力を誇る幕府軍の生き残り釜田十兵衛(渡辺謙)がいた。しかし、十兵衛は好きな女性ができて以来、ずっと刀を使うことを止めていた。さらには子を授かっていた。

その平穏な日は長くは続かなかった。妻は早くも他界し、十兵衛十は小さな子と一緒に厳しい貧困生活を余儀なくされた。そこへ、元仲間が訪ねてくる。そして、残酷にもメッタ斬りされた女郎のこと、街を仕切る粗暴なボスがその事件にあまりかかわらないこと促す。

がしかし、女郎達は自分達が支配者に反抗し、同じ同僚とともに賞金を用意し、敵を倒してほしい願っていることを主張。十兵衛は自身のためではなく他人のために、いろんな責任を負い、封印していた刀を再度、悩みながらも復活するという決断を下す……。







渡辺謙出演、「許されざる者」(2013)の評価と感想は?



世間の渡辺謙出演、「許されざる者」(2013)の評価と感想の紹介です。ここからはネタバレを含みます!!


『悪人』『フラガール』の!!李相日監督!!によるサムライ映画。クリントイーストウッド監督『許されざる者(1992)』のリメイク。同監督の公開された新作『怒り』に向けて予習シリーズ。」

「リメイクだからかなんとなく設定に無理があったように思えた。」

「尺を贅沢に使っている。
悪く言うと、長いだけ。。

柳楽優弥はよかったけどなぁ」

「特に佐藤浩市と柄本明、柳楽優弥が良い演技してたなと。

イーストウッドの許されざる者はまだ未視聴だが、これを機に観てみようと思った次第。」

「日本の時代を遡った作品はほぼ見ないけど柳楽くん目当てに鑑賞。
感情を表に出さない十兵衛と表に出す五郎の対比がよかったし、この2人を演じていた謙さんと柳楽くんの演技に圧倒されました。天真爛漫な五郎の泣くシーンは印象深い…」


「役者の目力が凄い

「ほぼほぼ、イーストウッド版とストーリーは同じなのにまるでオリジナルかと思うくらいKen's Movieでした。」

(引用 https://filmarks.com/


あまり、アンチの意見は見受けられない。やはり、俳優陣の演技がイイっという意見が多い^^これを観てイーストウッド監督のオリジナルの「許されざる者」を観る方が多いようだ。リメイク版を見逃した方は無料動画で視聴できます。最初に600ポイント貰えるのでそれで観れますよ~。
公式HPはこちら

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!




映画「怒り」の監督と同じ李相日氏



現在、上映中の李相日監督「怒り」。こちらを見る前にこの監督の作品「許されざる者」を観ておくのも有りですね^^



李監督_4.JPG

り そうじつ/り さんいる

李 相日

生年月日  1974年1月6日

出生地   日本の旗 日本 新潟県

職業    映画監督

ジャンル  映画

活動期間  1999年 -

活動内容  映画



新潟県生まれの在日朝鮮人三世。神奈川大学経済学部を卒業後、バイトでVシネマに製作に携わったのが影響して、その後日本映画学校に入学。「69シックスティナイン」の監督に抜擢されて以降「フラガール」「悪人」とヒット作を生み出す。

主な作品

『フラガール』

『悪人』

『怒り』

フラガール予告動画

悪人予告動画

怒り予告動画


「フラガール」「悪人」はこちらで無料期間内で観れますよ~。
公式サイトはこちら
【フジテレビオンデマンド】



ということで今回は許されざる者(2013) あらすじとネタバレを含む感想・評価についての記事でした。ありがとうございました。

関連記事はこちら
→ 映画「怒り」吉田修一原作あらすじ・キャスト&撮影秘話はこちら!!