蛾人間モスマン 映画 ネタバレを含む感想・評価はこちら!!

映画「蛾人間モスマン」あらすじ・ネタバレの紹介



蛾人間モスマン 映画のあらすじ・キャスト・ネタバレを含む感想・評価の記事です。



スポンサーリンク




【概要】
こいつを一度観たものは生き延びることは不可能!!その名はUMAモスマン!!ギラギラと真っ赤に光る眼の恐怖、先祖代々から受け継がれる呪いから誕生したモンスター。人を危めたものはその命を持って償わせる!!


5146YzToO8L.jpg
【キャスト】

ジュエル・ステイト
(キャサリン)
[声]内川藍維

コナー・フォックス
(デレク)
[声]佐藤芳洋

ジェリー・レッギオ
(フランク)
[声]田坂浩樹

マティ・フェラーロ
(ケイシー)
[声]本田裕之

スージー・アブロマイト
(ミンディ)
[声]大井麻利衣

監督
シェルドン・ウィルソン

制作
2010年/アメリカ



映画「蛾人間モスマン」予告動画(別ウィンドウで開きます)

映画内の主人公や名脇役の紹介はあらすじの後で詳しく紹介します!!
そちらも合わせて読んでいただければより映画を知り、楽しむことができると思いますよ( ̄▽ ̄)ノではいよいよあらすじの紹介です!!1mmでもネタバレはNGの方はここまでですね^^;



映画「蛾人間モスマン」あらすじの詳細



【蛾人間モスマン」あらすじ(その1)】

キャサリン(ジュエル・ステイト) は、ワシントンの地方新聞のライターである。チーフエディターの指示でモスマン祭の題材集めを命じられた。彼女は不満を持ちながらも仕事を遂行するために、ウエストバージニア州ポイントプレザントに向かった。

そこは、彼女が10年ぶりに見るホームタウンである。この仕事に前向きにならないのには原因があった。それは、ハイスクール時代の話しである。キャサリンは、いつものメンバーで川辺で楽しむために集まった時のことだった。

【蛾人間モスマン」あらすじ(その2)】

顔ぶれは、デレク(コナー・フォックス)、ケイシー(マティ・フェラーロ)、ミンディ(スージー・アブロマイト)、サリー、リチャード、ジャレッド。そこに、わがままを言って、ジャレッドの弟のジェイミーがついてきてたのである。

川で戯れているうちに、誤ってジェイミーが流されて帰らぬ人となってしまったのである。それで怖くなって、全員で話しをでっち上げて、本当の事とは違う供述を残したのである。昔の町に帰ってきたキャサリンは、たまたま、かつての彼氏のデレクに再会する。

【蛾人間モスマン」あらすじ(その3)】

彼の声かけで、あの頃のメンバーとも集まることになった。その日から、メンバーが一人ずつ命を失っていくことになる。発見された姿は、皆一様に異状だった。キャサリンはライターの仕事の途中で、目の見えない年配者のフランク(ジェリー・レッギオ)から奇妙なことを知らされる。

蛾人間モスマンが、罪を償わせるために、人の道から外れた者の生命を止めにやってくるのだと言うのだ。






目次にもどる


映画「蛾人間モスマン」の評価と感想は?



世間の映画「蛾人間モスマン」の評価と感想の紹介です。ここからはネタバレを含みます!!


「THE B 級映画」

「B級作品にありがちですが、設定がテキトーですなぁ(。´Д⊂)突っ込みどころ満載です。」

「〜マンの要素
スパイダーマン→ある
バットマン→まあある
モスマン→無い」

「B級のくせに背伸びをするな。」

「楽な気持ちでB級映画観たいときにはいいかもしれません。」

「B級にしてはCGのレベルが高かったw」

「『ラストサマー』風要素ありだけど、ラストサマーよりつまらない。」

ラストだけ B級だけど キマってた

(引用 https://filmarks.com/detail/12558)


総合36点/100点

B級とわかっているのに、この点数^^;一番多いコメントは「設定に無理があり」と「モスマンという名前が無理」・・・と。とはいうものの、「B級のくせにつまらなくなかった」という意見もパラパラ見受けられるよう。こういう系はやはり必ずオススメするのが、お子様と一緒に楽しく観ると盛り上がります^^

目次にもどる


「モスマン」の都市伝説が怖い!!



こんな酷評されている作品だが、実はアメリカで過去に起きた未解決事件と密接な関わりがあるのだとかないんだとか(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

【シルバーブリッジ事件】

1967年12月15日、米国のポイント・プレザントという区域とオハイオ州を繋ぐシルバーブリッジでモスマンを見たという方の情報が入る。その日、その橋には信じられない崩壊事故を発生、約40人の犠牲者が出る不可解な事件となった。

その日以降、モスマンの情報は無いのだが、モスマンを追っていた女性記者・メアリー・イールが原因不明で亡くなるということも起きている。

モスマンは何か悪いモノを予期するせいなのか、大きな惨事が起きる前や後に出現する、最近ではワールド・トレード・センターの大惨事の後に撮られた写真に謎の「物体」が写り込み、物議を醸し出して話題になりました。

98e0348b.jpg

この話を題材にした映画で有名なのが「プロフェシー」。リチャード・ギアが出演するモスマンを扱ったシリアスサスペンスホラーだが、製作関係者が相次いで原因不明で亡くなっている。ネット上を探すと「モスモンの呪い」と出てくるがこういう経緯からきているのだと言う。


ということで今回は映画「蛾人間モスマン」あらすじネタバレ・評価・感想についての記事でした。ありがとうございました。

目次にもどる


新しい映画ブログ立ち上げました!!こちらも遊びに来てやってください。ってかほぼ同じやんヾ(-_-;) オイオイ

映画あらすじキャスト感想館 -ムビしら。-